2013年10月16日

 鎌倉個展


わかてん 若林和正分身的工芸展は、10月14日搬出を終え終了いたしました。
  

古民家スタジオ・イシワタリさんの わかてんサイト   同じく facebook


わかてん 若林和正分身的工芸展

2013年 10月6日(日曜日)〜 10月13日(日曜日)11:00〜18:00(最終日15:00)

作家全日在廊しております。 芋乃市場カフェ併設します。 会場内完全禁煙
 
江ノ島電鉄 由比ヶ浜駅より徒歩5分 駐車場ありません(近隣コインパーキング情報

< 会場へお散歩のおすすめ >  
お散歩を兼ねてJR鎌倉駅からゆっくり歩いても30分ほどです。東口からなら若宮大路
へ出て右へ、八幡宮の鳥居を背に海へ向かって500mの下馬交差点を右へ、江ノ電の
踏切を越えて六地蔵さんを右手に長谷寺(観音様)へ向かってください。下馬交差点
から800m右手が会場です。西口(裏駅)からなら、左手の御成通りを通り抜けて突き
当たりの大通りを右へ出ると六地蔵交差点です。この御成商店街は地味ですが、最近
色々なおもしろいお店が増えていて、小町通りに次ぐ観光スポットになりつつあります。
かまくら観光     グーグルマップ:鎌倉駅


新作陶磁器は、貝殻焼き締めを中心に展示します。陶器の他にも、書・版画など
を展示いたします。会期中『芋乃市場カフェ』を併設し、作家の器でコーヒーとタルト
を販売します。会期なかほどの9日(水)10日(木)の両日は、お昼に手打ちもりそばを
販売いたします。展示を見ていただきながら、おそばやコーヒーをお楽しみいただき、
ゆっくりと素敵な古民家の佇まいもお楽しみいただきたいと思っております。


お問い合わせ
陶房かまなりや 49894@kamanariya.com
TEL/FAX 045-383-5218


記事初出8月30日


posted by 陶房かまなりや at 00:00| 鎌倉個展

2013年10月15日

 ご来場・ご協力御礼




搬入日こそ一日雨降りでしたが、期間中は季節はずれの陽気で少々暑かったもの
の、お天気には恵まれ、多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

昨年の10月に古民家スタジオ・イシワタリさんと出会い1年越しの計画で進めてきた
この展示会ですが、過ぎてしまえばあっという間。難儀であった夏の窯も、今思えば
よく頑張ったものだと内心快哉をひとりごちて居ります。展示した作品は現時点の私の
ありのままの姿の分身です。皆様からどのように見えているのかはわかりませんが、
概ね良い状態の物が展示できたと自負しています。それはそのまま、私自身の状態が
概ね良好であったことを明かしているのであろうと解釈いたします。お買い上げいただ
いた皆様には製作者と使用者の隔てはあるものの、感性の部分で同調をしていただ
いたものと勝手ながら忖度し、末永いご愛用をお願い申し上げます。

8日間を通じて、色々な出会い、邂逅がありました。最終日13日には小宴を設けさせ
ていただき20名ほどの方々と会食を楽しみ、自作の歌もギター片手にご披露させて
いただきました。つくづく、ご縁というものはありがたいものだと痛感しております。

若林和正50歳、不惑を十も過ぎ知命の年にして未だ迷いだらけです。然し乍ら、
自分を信じることでどうにかこの地面に足裏を付けて立っていられるようにも思い
ます。今回の展示で、また少し自分というものを客観的に観ることができました。
これからも作り手として、生き方を哲学し、作陶技術を研鑽し、目に美しく容れる
ものが映え、使う方が健康になる 『陶器』 を職人らしく追及して参ります。また、
美しい日本の言葉を尊重し、心に響く 『書』 を書いていきます。もちろん、そば
や梅干しもさらに美味しい物になるように年季を積んでいく所存です。

『わかてん』 若林和正分身的工芸展に直接また間接に携わってくださいました
全ての皆々様へ、心中よりあつくあつく御礼申し上げます。

またいつか、古都鎌倉でお会いいたしましょう。


※ 近日、会場・作品画像一挙公開いたします。

記事初出10月15日


posted by 陶房かまなりや at 16:35| ご来場・ご協力御礼